Real estate

買い手を見つける

種類別に業者を使い分ける

Home

福岡県内で保有する不動産を売りたいときには、持っている物件の種類別に業者を使い分けるべきです。特に不動産売却の中でも主流であるのがマンションや一戸建てなどの居住用物件であり、地元業者や大手不動産会社を効率的に活用するべきです。その中でも大手不動産会社であれば、全国の顧客に物件販売ができるので、転勤などで急いで不動産売却を行いたいときに便利です。また福岡県内を営業地盤とする地元業者であれば、時期を問わずにじっくりと住まいを売りたいときに便利です。特に価格設定のアドバイスをしてくれたり、購入希望者からの交渉にも丁寧に対応する地元業者であれば、不動産売却のチャンスを最大限に生かすことが可能です。そのために極力希望する価格で売りたいときにもとても便利です。

売却の良いタイミング

福岡で不動産売却を行いたいときには、物件の種類を問わずに春の新年度ごろが最大のチャンスです。この時期には不動産の流動性が著しく高まるので、築年数や面積に関わらずに良い買い手を見つけることが可能です。また事業用物件の売却であれば、地域の開発が進められているときが最大のタイミングです。そのために福岡県内の様々な地域開発の計画情報を参考にしながら、土地価格が上昇した時期に売るのが理想的です。また事業用の土地やオフィスビルを売るためには、不動産会社に相談をして、早めに不動産情報サイトに登録してもらうべきです。特に最近では全国の不動産投資家が福岡の物件に注目しているので、積極的に売り物件情報を発信することが、良い買い手を見つけるためのポイントです。